古川宮田整形外科内科クリニック

赤迫電停徒歩1分。長崎市住吉の整形外科、スポーツ整形、内科、リハビリテーションのクリニックです。

お気軽にお問合せください TEL095-846-0022 赤迫電停徒歩1分 駐車場完備

骨盤底筋エクササイズ「ピフィラティス~Pfilates~」について勉強してきました!!

リハビリテーション科】  2016/01/12

ご報告遅くなってしまいましたが、古川宮田整形外科内科クリニックのリハビリスタッフである堀さやかが東京に行き、骨盤底筋エクササイズ「ピフィラティス~Pfilates~」を勉強して来ました!!!

産前産後のトラブルの一つでも挙げられる尿漏れ・・・中高年期になると男女問わずに悩みになる尿漏れ・・・機能的な問題であればトレーニングで改善することが出来ます。最近はテレビや雑誌などでの骨盤底筋トレーニングというワードはよく耳にします。しかし、なかなか骨盤底筋を意識して、理解してトレーニングをすることは難しいです。堀さんは今回骨盤底筋に特化したトレーニングをわかりやすくそしてより意識出来るよう道具も利用して修得されていますので報告していきます。

☆☆☆☆☆☆☆

以下、リハスタッフ堀さやか 報告

「ピフィラティス~Pfilates~」とは「pelvic floor pilates」(骨盤底筋ピラティス)」のこと。

《骨盤底筋》と聞いてピンとこない人もいるかもしれませんし、聞いたことはあるけれど実際に骨盤底筋がどんな約割をしていて、なぜ大事なのかすぐにピンとくる方は少ないと思います。

まず、骨盤底筋とは、胴体の一番下にある筋肉群です。
身体を下から支えてくれている大切部分なのです!

とくにメインとなっている約割は、

☆骨盤の中にある臓器(膀胱・腸・子宮(女性))を支える

☆排便・排尿のコントロール

普段からそんな役割をになっている大事な筋肉が弱くなってしまったらどうなってしまうのでしょう・・・

症状としては、尿失禁・便失禁・頻尿・骨盤内臓器脱・性交痛・膣のゆるみなどがあげられます。

そして、骨盤底筋が弱くなってしまう原因として、

☆出産時や出産後のトラブル
☆高齢による衰え
☆更年期世代の女性ホルモンの低下による衰えや膣の乾燥
☆姿勢の悪さ

これらのことが原因で骨盤底筋が弱くなってしまい、症状がでていても
デリーケートな部分なのでなかなか相談しにくく悩みを抱えている方が非常に多くいるそうです。

このエクササイズの開発者である婦人泌尿外科Dr.クロフォード氏のお話で何度も話にあがっていたのは、手術や薬で一時的に症状を改善したとしても筋肉が弱いままではまた再発してしまうということ。
筋肉を強くすることが症状を改善する一番の近道だ!ということでした。

その一番の近道として開発された骨盤底筋エクササイズ「ピフィラティス~Pfilates~」

ピラティスやヨガのエクササイズで筋電図を図りながらもっとも骨盤底筋に効果のあるエクササイズは何か研究し開発されたエクササイズです。

手術・薬での症状を抑えることだけでなく、骨盤底筋を強くするため運動することの重要さを開発者のドクターのお話や実際にエクササイズを行うことで学んできました。

そして、最後に・・・
私自身も鍛えなければ!!!!っと思ったのですが、原因となる項目にあまり当てはまらない男性の方、若い世代の女性、出産経験のない方・・・原因にあてはまらないから大丈夫・・・っというわけではないのです。

頻尿外科の外来数は増加傾向にあり、その中には若い世代の患者さんも増えているということ。

その事実を目の当たりにし、年齢や出産経験、性別問わず骨盤底筋エクササイズの必要さを改めて感じました。

普段から身体を動かしたり、鍛えている方も意識してるようでなかなか忘れがちな部分でもあると思います。

普段の日常生活でもそうですし、スポーツなど身体を動かしていていいパフォーマンスをするためにもとっても必要な筋肉です。
なのでみなさんに普段の生活の中に骨盤底筋を意識する時間を少しでも作っていただきたいです!

そのためにも今回勉強させてもらった骨盤底筋エクササイズの重要さをしっかり伝えていけたらいいなと思います。

IMG_1911

 

☆☆☆☆☆☆☆

エクササイズの開発者である婦人泌尿外科Dr.クロフォード氏に直に学んできた堀さんに皆さんも直接トレーニングを教わってみて下さい(とっても丁寧にそして優しく教えてくれる堀さんです)!!私もお勉強させてもらいますツツ!!

ページの先頭へ